少しずつ身軽になっていく

いまさらながら、近藤麻理恵さんの「人生がときめく片付けの魔法」を読んで感動して以来、ちまちま部屋を片付けている。

モノが減るとともに自分のあれやこれやも少し軽くなるような気がする。

ときめくものとそうじゃないもの。
いつか◯◯の機会に使うかも。使わないけど高かったし。もう会わなくなったあの人にいただいたし。…とか。
選別した後にでてくるものを見て、自分がひとりで勝手にいろんなしがらみに縛られて、これまでこんなにときめかないものに囲まれて生きてしまっていたんだなとびっくりする。

昔ではなく今を生きること。

(しかし片付け、まだまだ終わらず…)

置き場所まだ定まらないものも。